医師が診療内容を記録するカルテ(診療録)を、従来の紙に代わってコンピュータに書き込み保存するシステム。紙に比べて以下のような利点がある。大量のデータを保存することができ、過去の情報も簡単に引き出せる/転記ミスや誤読がなくなる/院内ネットワークシステムにより、院内のどこからでもカルテを引き出せる/検査データなどの処理が簡単で、グラフ化して患者に説明したり研究用に使うことができる――などのほか、地域における医療機関の連携(病院連携)の推進に活用される。一方、停電や盗難、改ざんなどへの対策には課題が残る。