「保健師助産師看護師法」に基づく国家資格。医師の指示のもと、診療の補助、病気や障害をもつ人の日常生活上の世話、心理的な援助などを行う専門職。施設や在宅においては、健康管理や衛生管理などを担当し、健康の維持・増進のための活動を行う。看護師になるには、看護に関する一定の専門教育を受けたうえで、国家試験に合格する必要がある。国家資格である看護師に対し、都道府県の試験に合格した「准看護師」という資格もある。