心臓の表面を冠(かんむり)のように取り巻いている冠状動脈(冠動脈)は心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している。ここでの血液循環が滞り心筋が酸素不足に陥って起こるのが冠動脈疾患。心臓は収縮と弛緩を絶えずくり返し全身に血液を送り出しているが、この活動を支えるため、心筋は豊富な酸素を必要とし、酸素の欠乏に弱い。血液が十分に流れないと胸痛(狭心症)が、全く流れなくなると心筋細胞が死んで心臓発作(心筋梗塞)が起こる。血液循環を妨げる最大の原因は、動脈硬化によって動脈の内腔が塞がれることで、予防には食事と運動など生活習慣の改善が必要。