男女の性差を考慮せず画一的に行われてきた従来の医療を、性差を重視した医療に変えていこうという考え方。1990 年代以降、アメリカを中心に「gender-specific medicine」として広がってきた。従来の医療は男性の臨床研究の結果を女性に適用し行われてきたが、ホルモンの働きといった生物学的因子の違いに加え、社会的地位やライフスタイルといった社会的環境因子の違いなどから、男女でかかりやすい疾患が異なったり、同じ疾患でも危険因子や医薬品の効果に違いがあることがわかってきた。こうした男女差を研究し、その結果を病気の診断、治療、予防へと反映させることを目的とする医療。