心臓や血管など循環器の病気のこと。心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)などの生活習慣病のほかに、先天性の心臓病なども含まれる。がんと同じようにほとんど無症状のまま病状が進行し、症状に気づくころには重症化していることが多く、心臓発作、脳卒中などを招いて死に至ることも少なくない。心血管疾患の危険因子として日本高血圧学会は、高齢、喫煙、高血圧、脂質異常、糖尿病、肥満、慢性腎臓病、メタボリックシンドロームなどを挙げている。これらの多くは食生活や運動をはじめとする生活習慣を見直すことで予防することも可能。