心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給する冠動脈が動脈硬化を起こし血液循環が閉ざされる状態が続くと、そこから先の心筋の細胞は死んでしまい(壊死=えし)、心筋の収縮が止まって心臓の機能が著しく低下する。これが心筋梗塞である。動脈硬化以外に、冠動脈が激しい収縮を起こして血流が滞ることもある。心筋梗塞を起こすと多くの場合、胸が強く締めつけられるような痛みが30分以上も続き、冷や汗や嘔吐(おうと)なども伴い、死亡率が高い。激しい胸痛が現れ、安静にしてもまったく症状が改善しない場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要がある。痛みを感じない無痛性心筋梗塞もあるので注意が必要。