「慢性閉塞性肺疾患」のこと。以前は「慢性気管支炎」と「肺気腫」と呼んでいた慢性の呼吸困難症を総称した病名。汚染された空気を長期間にわたりくり返し吸うことにより、肺や気管支が慢性的に炎症を起こし、空気の通り道が狭くなって普通の呼吸がしづらい状態。主な症状は、息切れしやすい/せき・たんが出る/かぜを引きやすい/喘鳴(ぜんめい=呼吸のたびにゼーゼー・ヒューヒューいう)がある――など。最大の原因は喫煙とされ、肺の生活習慣病といわれる。中高年に多い病気でゆっくり進行する。日本での患者数は500万人以上と推計されているが、胸のX線検査では診断できないことなどから、治療を受けている人が少ないのが問題。