慢性の呼吸困難症であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの診断に必要な呼吸機能検査。COPDは肺や気管支の病気だが、胸部のX線検査では診断することができない。このためスパイロメーターという検査機器を使って、COPDの病態である気管から肺への空気の通り道が狭くなっていないかどうかを調べる。鼻から息がもれないようにクリップでつまみ、できる限り息を吸い込み、マウスピースを息がもれないようにしっかりくわえ、合図に合わせて全てを吐き切るように勢いよく吐き出し、その量を量る。吐き出した全体量に対する最初の1秒間の量の比率が、70%未満だとCOPDと診断される。