頭全体に抜け毛が増えて薄毛になる「びまん性脱毛症」は女性に多く、「女性型脱毛症」ともいわれる。男性型脱毛症のように生え際が後退したり脱毛部の境界がはっきりすることはなく、頭頂部の皮膚が透けて見えたり、分け目が目立ったりする。遺伝的要因や加齢などが主な原因とされ、中年以降の女性、特に閉経後に多くなる。最近では若い女性にも見られ、この場合は過剰なダイエットやヘアケアなどが主な原因として指摘されている。ストレスによる血行悪化や経口避妊薬(ピル)の内服と中止によるホルモン分泌の変化なども原因となる。確実な治療法はないが、血管拡張薬や栄養剤などが使われる。