不飽和脂肪酸のうち、n-6系多価不飽和脂肪酸の代表的なもので、ほとんどの植物油に含まれる。かつてはコレステロールを減らし動脈硬化の予防に役立つとされ、積極的な摂取がすすめられていたこともあり、日本人はとりすぎている人が多い。リノール酸のとりすぎは体内で炎症を起こす物質を増やし、動脈硬化や心疾患、アレルギー反応などを促進することがわかってきた。また、酸化しやすいことから体内で過酸化脂質を増やし、がんの原因にもなるといわれている。人の体内では作ることができない必須脂肪酸であるが、とりすぎに注意し、α-リノレン酸やEPA、DHAなどn-3系多価不飽和脂肪酸との摂取バランスを4対1程度にするのが望ましいとされている。