体を支えている背骨の首の部分(頸椎)がまっすぐになった状態。頸椎は、本来は緩やかに前方向に出っ張るカーブを描いているが、この自然なカーブが失われた状態をいう。骨自体の問題ではなく、骨とともに頭を支える首周囲の筋肉が凝り固まって頸椎を引っ張るために起きるもの。症状は肩・首のこりや腕のだるさなどに始まり、頭痛や吐き気、めまい、耳鳴り、しびれなどを伴うこともある。主な原因は慢性的な疲労や姿勢の悪さ、運動不足、ストレスなどからくる首や肩周囲の筋肉のこわばりで、長時間パソコン作業などをする人に多くみられる。