LDL(悪玉)コレステロール値とHDL(善玉)コレステロール値のバランスを表す数値で、LDL値÷HDL値で求められる。現在、LDL値については140mg/dl以上、HDL値については40mg/dl未満は脂質異常症とされ、放置すると動脈硬化を進行させて心筋梗塞などを起こすリスクが高まるといわれている。しかし、LDL値が基準値内であっても心筋梗塞を起こすケースが少なくないことがわかり、LH比が動脈硬化の新しい指標として注目されている。動脈硬化の予防には、LH比1.5以下が望ましく、2.5以上は要注意で対策が必要とされている。