検査をしても異常はないが、胃腸の不快症状がある状態をいう。胃痛や胃もたれ感、おなかがはって不快感があるなど、胃腸の不快な症状が続いているにもかかわらず、内視鏡などで検査をしてもとくに異常は見つからない。かつては病気とはみなされずに適切な治療を受けられないこともあった。最近は胃酸分泌の異常や胃腸の活動低下など、胃腸が正常に働いていないことで起こることがわかってきた。治療には胃腸の運動機能改善薬、胃酸分泌抑制薬などが処方される。普段からストレスをためない、胃に負担になる食べ物を控える、規則正しい食事時間を守る、定期的に運動する、などの生活習慣が大切。