地震の発生直後、震源地に近い地震計で観測されたデータを解析し、揺れの強さや到達時刻を予測して知らせるシステム。主に病院や鉄道事業所などが対象の「高度利用者向け」と「一般利用者向け」がある。一般向けの速報は2007年10月にスタートしており、震度5弱以上が予想された場合に原則1回だけ流し、テレビ、ラジオ、携帯電話などで受信することができる。速報から地震の揺れが到達するまでの時間は数秒から数十秒程度で、直下型では間に合わないこともある。速報を受け取ったら素早く行動できるように、日ごろから地震への対処法を考えておくことが重要である。