脳の血流量の変化(脳の活動状況)を測定し、うつ病などの診断の補助とする検査で、2009年4月厚生労働省の「先進医療」に認定された。人に安全な近赤外光という光を頭蓋内に照射し、反射してくる光を計測して血流量の変化を波形で表すと、うつ病・躁うつ病・統合失調症などで典型的なパターンが見られることから、これらの病気の鑑別診断に役立つ。うつ病などの精神疾患の診断は、これまで医師の問診に頼っていたが、これを補助する客観的な指標になるとして注目されている。