メタボリックシンドローム(以下メタボ)に着目し、40〜74歳のすべての国民を対象に2008年4月から始まった健康診査のこと。正式名は特定健康診査。内臓脂肪型肥満に加え、血圧高め、血糖値高め、脂質異常などが重なった状態であるメタボを放置していると、動脈硬化が進んで心疾患、脳卒中などの生活習慣病を起こしやすくなる。そこで「特定健診」によってメタボの段階で発見し、本格的な生活習慣病の発症を防ぐ、つまり病気の早期発見ではなく予防を目標としている。健診結果によって、生活習慣病のリスクの程度に応じた生活指導「特定保健指導」が行われる。