血管や気管、消化管などの狭くなった部分を、内側から広げておくための医療機器。多くは金属製で網目状の筒型をしており、治療する部位まで挿入して留置する。狭心症や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症など動脈硬化が原因の病気の場合、血管の狭くなった部分にステントを入れて押し広げることで血液を流れやすくする。これらの血管内治療では、脚のつけ根や腕などの血管に小さな穴を開け、ステントをカテーテルの先につけて挿入し、治療部位で広げて留置する。多くは局所麻酔下で行われ、比較的体の負担の少ない治療である。