病気や事故などによって体の組織や臓器・器官などが失われたり機能できなくなったとき、細胞を利用して組織や臓器・器官を再生させ、機能を回復させようという医療のこと。従来の医療では義肢や人工関節などを用いたり、他人の臓器などを移植する方法が行われているが、課題点も多く残されている。再生医療にはいくつかの種類があるが、近年「幹細胞」を利用した試みが注目されている。幹細胞は組織や臓器に成長するもとになる細胞で、たとえばこの細胞を体外で増殖分化させて病気の人に移植する「幹細胞移入療法」は、白血病治療で実用化されている。さらに、本人の細胞を用いて体外で人為的に臓器や器官をつくり、自分自身へ臓器移植する「臓器置換再生医療」の開発・実用化が期待されている。