高齢者の日常生活に配慮し、食事や健康管理、生活支援、介護などのサービスを提供することを目的とした施設で、老人福祉施設でないもの。主に民間業者が経営するが、厚生労働省によって設置規準が定められている。入居の条件として、年齢は「60歳以上」としているところが多いようだ。「介護付き」ホームでの介護サービスの提供は、ホーム職員がするところと、外部委託するところがある。「住宅型」ホームでは、介護が必要になった場合、入居者自身の選択で外部のサービスを利用する。「健康型」ホームでは、介護が必要になったら契約を解除して退去しなければならないが、提携する介護付きホームに移れる場合もある。契約の権利形態で多いのは、居住部分とサービス部分の契約が一体となった「利用権方式」で、居室の所有権は入居者にはない。