主に人間の集団を対象に、病気や事故、健康状態などについて、その原因や傾向などを統計学の手法を用いて明らかにする研究のこと。当初は伝染病を対象とする研究が主だったが、現在では公害や事故、災害まで研究対象が広がっている。医学研究の主なものには、疫学のほかに臨床医学と実験医学がある。人間を対象とする疫学研究には、無作為化比較試験、コホート研究、症例(患者)対照研究などがあり、先にあげたものほど信頼度が大きい一方、研究の実施は難しくなる。