眠っている間に何らかの原因で気道が狭くなり、特徴的ないびきとともに何度も呼吸が止まってしまう病気。眠りが浅くなったり、途中で目覚めたりするため、十分眠れず昼間強い眠気や集中力・注意力の低下、抑うつ症状などを招く。また、運転中や仕事中の居眠りから事故を起こすケースもあり、社会的問題にもなっている。さらに、高血圧や糖尿病になりやすく、心疾患や脳血管障害を起こす危険が高まる。治療は、睡眠時に専用マスクから空気を送って気道を広げるCPAP(シーパップ)療法が普及している。肥満した人は脂肪によってのどがふさがれ睡眠時無呼吸症候群になりやすい。また、就寝前の飲酒や睡眠薬なども、のどをふさぐ原因となる。