中高年になると発生するとされる特有の体臭のこと。原因物質である「ノネナール」を発見した資生堂研究所によって名づけられた。ノネナールは、加齢によって皮脂腺の中に増えた脂肪酸が酸化・分解してできる。皮脂腺からノネナールが発散され始めるのは、一般的に男性は40代から、女性は更年期のころからといわれるが、個人差が大きい。加齢臭を強くする原因となるのは、暴飲暴食、喫煙、飲酒、ストレス、運動不足など、生活習慣病の原因と重なるため、加齢臭対策は生活習慣病の予防対策にもなる。食生活ではビタミンC・E、ポリフェノールなどの抗酸化物質を十分にとり、動物性脂肪(とくに肉)を少なめにすることが望ましい。