核反応のときや放射性物質から放出される粒子や電磁波のこと。レントゲン撮影に使われるX線のほか、ガンマ線、中性子線、重粒子線などいくつもの種類がある。東京電力福島第一原発の事故では、ヨウ素やセシウム、プルトニウムなどの放射性物質が放出されたとみられている。これらの放射性物質が放射線を出す能力を放射能という。放射線は自然界にも存在していて、少量ならば人体に影響はないが、多量に浴びると、細胞の遺伝子が傷ついたり構造が変わったりして、髪の毛が抜けたり、がんになりやすくなる。一度にきわめて多量に浴びれば死亡する。