ビタミンB群の一種で、ほうれん草やブロッコリー、枝豆、レバーなどに多く含まれる栄養素。赤血球の形成やたんぱく質の合成に関与し、細胞の生成や再生を助けるなど、成長のために重要な役割を果たしている。とくに胎児の細胞増殖が盛んに行われる妊娠初期に葉酸が極端に不足すると、胎児の成育に悪影響を及ぼす危険性もあるため、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までは、十分な葉酸を摂ることがすすめられている。推奨される1日の葉酸摂取量は、成人で240μg、妊婦は480μg、授乳婦は340μg。最近は葉酸の過剰摂取による胎児への悪影響も報告され、1日1000μgは超えないよう注意が求められている。なるべく普段の食事や葉酸が強化された食品(シリアルなど)から摂取し、サプリメントを利用するときは医師や管理栄養士に相談することが望ましい。