顔の左右対称にほぼ同じ大きさ、形にあらわれる、輪郭のはっきりしない淡褐色のシミのこと。ほお、額、唇の周りなどにでき、目の周囲にはできないのが特徴。30歳代から40歳代の女性に多く、高齢者にはほとんどみられないことや、妊娠や経口避妊薬の長期服用をきっかけに発症することがあるなど、女性ホルモンとのかかわりが深いと考えられている。また、ストレスや、過剰なマッサージなどの物理的な刺激が影響したり、紫外線が発症や悪化の誘因となることもわかっている。トラネキサム酸やビタミンC・Eの内服などが有効とされ、美容皮膚科などで行われるレーザー治療では、悪化する可能性も指摘されている。