アイソトープ(放射性同位元素)を体内に注入し、体内から放出される放射線を撮影して骨の様子を調べる検査方法。がんの骨転移のほか、骨の病気や骨折などの検査に用いられる。アイソトープ検査ともいう。骨は骨折や炎症、がんの転移などで細胞の代謝や再生が活発に起こる。そうした反応の強い箇所に集まる性質のあるアイソトープを利用して行う。ごく微量のアイソトープを血液内に注射し、それが組織に集積したときに放出するガンマ線をガンマ線カメラで撮影する。アイソトープが集まった箇所は黒く染まって見え、がんの骨転移や骨折などが疑われる。