ウランの核分裂によって生成される放射性物質で、放射線の量が半分になる半減期が約30年のセシウム137と、半減期約2年のセシウム134などがある。体内に取り込まれると肝臓や腎臓、筋肉、生殖器などにたまりやすく、将来白血病や肝臓がん、不妊の原因となる可能性がある。福島第一原発事故で大量に放出され、特に半減期の長いセシウム137による土壌の長期汚染が警戒される。科学的にカリウムに似た性質を持ち、カリウムを十分とることで吸収を抑えることができるとされている。