ウランの核分裂によって生成される放射性物質で、放射線の量が半分になる半減期が約29年のストロンチウム90と、半減期約50日のストロンチウム89などがある。科学的にカルシウムに似た性質を持ち、体内に取り込まれると骨にたまりやすく、将来骨がんや白血病を引き起こす可能性がある。特にストロンチウム90は半減期が長く、一度体内に入ると体外に排出されるまで時間がかかるため注意が必要。カルシウムを十分とることで吸収を抑えることができるとされている。福島第一原発事故では、特に海への影響が警戒される。