2本のストックを使って歩くスポーツのこと。クロスカントリースキーの競技者がオフシーズンの訓練に行っていたスキーウォークを、誰でもできる運動として改良したもの。1990年代後半にフィンランドで健康増進のため国を挙げて推奨したことから普及し、現在ヨーロッパを中心に人気が高まっている。ストックを使うことで、下半身だけでなく腕や肩など上半身の筋肉も使われ、歩くだけで全身運動になり、運動効果が高い。また、足とストックで体重を支えるため、ひざや足首などの関節の負担を軽減できる。そのため、高齢者などにも安全に行えるウオーキングとして注目されている。