医療サービスを受けるために海外へ渡航すること。渡航目的には、(1)最先端の医療や検診など、より質の高い医療を求める場合、(2)国内と同程度の医療をより安価に受けることが目的の場合、(3)臓器移植など自国では受けられない医療を求める場合などがある。タイ、韓国、シンガポール、インドなどのアジア諸国は、優れた医療技術を持ちながら医療費が安いため、渡航先として人気がある。これらの国々では、国策としても海外の患者を積極的に受け入れている。