アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略称。以前はGOT(グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていた。肝細胞の中でアミノ酸の合成を助ける酵素で、肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すため、肝臓の障害程度を推察する目安となる。血液検査でALTとともに濃度を調べ、肝臓の病気を見つけ出すスクリーニングテストとして重要。ASTは肝臓だけでなく心筋や骨格筋にも多く含まれ、心筋梗塞や筋ジストロフィーなどの病気の診断にも用いられる。AST、ALTの数値とともに両者のバランスを見ることで、病気や状態がある程度推測できる。