先端に超音波装置がついた内視鏡(Endoscopic ultrasonography;EUS)を用いた検査のこと。EUS検査ともいう。EUSを胃や十二指腸、大腸などの消化管に挿入し、消化管の内部やその周辺臓器に超音波(エコー)を当てて検査する。体表からの超音波検査と比べ、胃や腸の中の空気、脂肪、骨などが邪魔にならず、観察目的のすぐ近くから超音波を当てることでより精密な画像が得られる。胃、食道、大腸などの粘膜下の状況を確認したり、内視鏡では観察できない膵臓、胆のう、胆道など消化管の周辺の臓器の精密検査などに用いられる。