心臓の筋肉に血液を送っている冠動脈が狭くなったり詰まったりしたとき、その場所をまたぐ新しい通路(バイパス)を作って心筋への十分な血流を回復させる手術のこと。バイパスとなる血管には、患者の別の部位の血管(胸の内側の動脈など)が使用され、日本では心臓外科手術として安全性が確立されている。冠動脈の狭窄や詰りが広範囲に及ぶ場合や、冠動脈の内側から血管を拡げる「心臓カテーテル治療」を行っても再発しやすい場合などに行われる。カテーテル治療に比べて手術による身体的負担は大きいが、再発は少ないとされる。