直腸内触診、直腸指診ともいう。医師が手袋をはめた手指を肛門から直腸内に挿入し、直腸や肛門の状態、直腸越しに触れる前立腺などの状態を診断する検査。大腸がんや大腸ポリープ、前立腺がん、前立腺肥大、痔、子宮内膜症(とくにダグラス窩と呼ばれる部分)などの検査に用いられる。比較的簡単に、ほとんど苦痛もなく行うことができ、がんの診断にも役立つ。この検査で異常が認められた場合は、内視鏡検査や生検、画像検査なども行って総合的に診断する。