胃から食道に胃液などが逆流することにより、胸やけ、胸のつかえ感や痛みなどの不快な症状を起こす病気。以前は食道粘膜が炎症を起こして症状が出ているものを「逆流性食道炎」と呼んでいたが、現在は炎症の有無を問わず、逆流と症状があればこの名称が用いられる。主な原因は、胃と食道の境界で胃液の逆流を防いでいる下部食道括約(かつやく)筋の働きが低下することや、高脂肪食による胃酸過多などで、肥満者や高齢者に多くみられる。治療の基本は薬物療法だが、食事など生活上の注意を守ることでも症状を抑えることができる。