認知症の原因となる代表的な病気。脳の神経細胞が減少して脳が病的に萎縮し、脳の機能低下から知的・身体的機能が衰えていく。進行すると認知症と呼ばれる状態になる。進行は比較的緩やかだが、確実に進行していく。アルツハイマー病の人の脳では、神経細胞の中の線維がねじれる「神経原線維変化」、脳のしみのような「老人斑」という特徴的な変化がみられる。この二つの正体・原因が特殊なたんぱく質であることはわかっているが、このような異変が起こる原因は解明されていない。