脳が病的に委縮して認知症の原因になるアルツハイマー病は、ほとんどは65歳以上の高齢者に発症するが、65歳以下の人に発症した場合、便宜上若年性アルツハイマー病と呼んでいる。高齢で発症する場合と病理学的な違いはないが、一般的に進行が早く症状も重症化する傾向がある。症状は物忘れに始まり、初期には頭痛、めまい、抑うつなどがみられる。原因は遺伝性であることが多く、原因となる遺伝子も発見されているが、遺伝子診断ができるレベルには達していない。早期発見・早期治療により、進行を遅らせることも可能である。