肺の空気が漏れ、胸腔(きょうくう:肋骨や胸骨などによって囲まれ、心臓や肺が収まっている空間)にたまった状態を気胸という。骨で囲まれた胸腔は外側に膨らむことができないため、肺が空気に押されて小さくなる。自然気胸は、外傷などの明らかな原因もなく突然肺に穴が開いて空気が漏れ、激しい胸痛、乾いたせき、呼吸困難などが起こるもので、やせて胸の薄い若い男性、なかでも喫煙者に多く発症する。多くの場合安静にしていれば軽快するが、大量の空気が漏れたり、同時に左右の肺で気胸を起こした場合などは、放置すると命にもかかわり危険である。