人工多能性幹細胞(Induced Pluripotent Stem Cell)。神経、筋肉、臓器など体のあらゆる種類の細胞に変化することができる万能細胞の一つで、京都大学の山本伸弥教授らのグループが開発し、iPS細胞と名付けた。先に開発された万能細胞であるES細胞は、受精卵を利用して作るため生命倫理上の問題があるのに対し、iPS細胞は皮膚から採取した細胞などから作ることができる。また、自分の細胞から臓器などに成長させて移植することで拒絶反応の問題も解決できる可能性がある。再生医療や創薬の分野での応用が期待され、2012年山中教授はノーベル医学・生理学賞を受賞した。