血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決まりに従って成熟した血液細胞へと育ち、増殖のスピードも制御されているが、白血病では未熟な段階の血液細胞が「がん化」し、その結果生じた白血病細胞が無制限に増殖。貧血や出血、発熱、リンパ節の腫れなど、さまざまな症状が現れる。発病には遺伝子の異常が深くかかわっていると考えられ、放射線被曝やベンゼンなどの化学物質の曝露、ある種のウイルスへの感染などが危険因子とされている。