スプラウト類やキャベツ、大根、わさび、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜に含まれる辛み成分で、イオウ化合物の一つ。切ったりすりおろしたりして野菜の細胞が壊れるときに作られ、加熱調理より生食のほうが効率よく摂取できる。キャベツやブロッコリーなど辛みを感じない野菜の場合、消化の過程で作られる。抗酸化作用が高く、発がん物質の活性化を抑制しがんの予防効果が期待される。また消化液の分泌を促す働きもあり、ピロリ菌や大腸菌などへの殺菌効果があるとされる。