腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道(尿路)に、尿中成分が結晶化して石ができる病気を尿路結石といい、できる場所により腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれる。カルシウムを含むカルシウム結石がほとんどを占め、食生活や大量飲酒などが原因と指摘されている。かつては20〜40歳代の男性に多くみられたが、近年若い女性にも増えている。症状は激痛、血尿、排尿のトラブルなどだが、腎臓結石や膀胱結石ではあまり痛みはない。結石が長く留まると尿の流れが妨げられ、腎臓の機能を悪化させることもあるため、結石の疑いがあれば痛みがなくても早めに受診し、治療を行う必要がある。治療で結石を取り除いても再発しやすいので、食生活や大量飲酒などの習慣を見直すことが大切。