背骨は椎骨という骨が積み重なってできており、椎間板は椎骨と椎骨の間にはさまってクッションの役割をしている。椎間板の中心にはゼラチン状の髄核(ずいかく)があり、周囲をコラーゲンを含む線維輪(せんいりん)という組織が取り囲んでいる。椎間板は加齢とともに水分が減少して弾力性が低下する。椎間板ヘルニアは、老化や強い圧力を受けたなどの理由で椎間板がつぶれ、線維輪が破れて髄核が飛び出す病気。腰椎や頸椎に多く見られ、飛び出した髄核がそばを通る神経や脊髄を圧迫して痛みやしびれなどをひき起こす。