非ステロイド系消炎鎮痛薬(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)の略語で、エヌセイズと呼ばれる。抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を持つステロイド薬ではない薬剤の総称で、痛みや発熱で使用される多くの解熱鎮痛薬がこれに当たる。アスピリン、ロキソプロフェン、ジクロフェナク、インドメタシンなどが代表的なもので、医師の処方薬以外に、市販の頭痛薬などにも広く使われている。主な副作用に胃かいようなどの胃腸障害があり、通常胃粘膜を保護する薬を同時に服用する。頭痛などで痛み止めの市販薬を使用するときは、薬剤師の説明をよく聞いて指示を守ることが大切。