腎盂や腎実質(腎臓そのもの)に細菌が感染して起こる急性の病気で、感染経路により複数のタイプに分けられる。そのうち尿路上行性感染は20〜40代の女性に多く、大腸菌などの細菌が尿道口から侵入し、膀胱から腎盂までさかのぼって炎症を引き起こす。症状は尿の濁りや頻尿など膀胱炎の症状のほか、寒気や震えを伴う高熱や腰背部痛が急激に現れ、血尿が見られることもある。治療は抗生薬の服用が中心。安静を保ち水分を十分に摂取することも大切。放置すると慢性化したり、敗血症や腎不全をひき起こす恐れがあるため、早めに受診し、抗生薬の確実な服用で完全に治す必要がある。