長時間足を動かさずに座っていることで脚の静脈に血栓(血のかたまり)ができ、それが血流に乗って肺まで運ばれ、肺動脈を詰まらせる病気。医学的には深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症という。以前は飛行機のエコノミークラスで起こりやすいとされ「エコノミークラス症候群」と呼ばれていたが、実際は座席の種類に関係なく起こる。また長距離列車やバス、渋滞の続く自動車などでも起こりうる。血栓が大きくなると脚の腫れや痛みを生じ、血栓が肺動脈を詰まらせると、息切れや呼吸困難などを起こし、最悪の場合死に至ることもある。予防には、できるだけ脚を動かすこと、こまめな水分補給、ゆったりした服装、などが大切。