低い音域だけが聞こえにくくなる急性の難聴で、急性低音障害型感音難聴の略。感音難聴とは耳の奥の内耳のトラブルで起こる難聴のこと。症状は低音の耳鳴りがする、低い音が聞こえにくい、耳が詰まった感じがするなど比較的軽度で、めまいは伴わない。再発をくり返してメニエール病に移行するケースもみられる。内耳にあって音の信号を脳に伝える蝸牛(かぎゅう)にリンパ液が増えすぎることで起こると考えられている。20〜40代の若い女性の発症が多く、疲れやストレス、睡眠不足などが引き金になるといわれる。治療により回復しやすいが、放置すると聴力が戻らないこともあり、早期の受診が大切。