不安障害の一つ。強い不安や不快な考えが浮かんで頭から離れず、それを打ち消すために無意味な行為をくり返し行ってしまう。たとえば、家を出た後かぎをかけ忘れたのではという不安が高まり(強迫観念)、家に戻っては確認するという行為をくり返す(強迫行為)。強迫観念・行為の内容はさまざまで、汚れや細菌がついたのではと恐れ、何度も手洗いをくり返すケースも多くみられる。これらは次第にエスカレートし、仕事や日常生活に支障をきたすようになる。自分でもこだわりすぎとわかっていてやめられないのが特徴。かつては性格の問題と考えられていたが、脳の機能に病的な偏りが生じた状態であることがわかってきた。治療には薬物療法と非薬物療法があり、2つが併用されることもある。