ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種のビタミンを総称していう。どれも水に溶けやすい水溶性ビタミンである。体内でさまざまな物質の代謝にかかわる「酵素」に結合し、その働きを助ける「補酵素」として働く。糖質や脂質、たんぱく質などをエネルギーに変える、老廃物を分解・排出する、神経を正常に保つなど、体を正常に働かせるうえで重要な働きをしている。ビタミンB群はそれぞれが補い合って働くという性質をもつため、一緒にとるほうが効果的。