糖尿病三大合併症の一つ。長期間高血糖にさらされることで腎臓のろ過機能を担う糸球体(毛細血管が球状になった組織)が障害され、腎機能が低下して尿にたんぱくが出るようになった状態をいう。腎臓は血液をろ過して老廃物や有害物質を尿として排泄するが、腎機能の低下が進行すると血液中に有害物質が増え、血圧上昇やむくみなどの症状が出る。さらに悪化すると腎臓が機能しない腎不全となり、全身にさまざまな症状が出る尿毒症を起こす。こうなると腎臓機能を補うために人工透析や腎移植が必要になる。適切な治療をせずに糖尿病を長期間放置すると、ほとんどの人が腎症を起こすといわれる。